チアミン欠乏症 ~ アヒルの食餌に十分なチアミン(ビタミンB1)が含まれていることを確認しましょう



チアミン欠乏症は、アヒルの食餌に十分なチアミン(ビタミンB1)が含まれていない場合に起こります。これは、食餌に含まれるビタミンB1の量が不足している場合や、ビタミンB1 (チアミン) の吸収を低下させるチアミナーゼを含む食品を摂取している場合に起こります。


チアミナーゼを含む食品には、精米、鮮魚、アサリ、ムール貝、エビなどがあります。また、ワラビシダとして知られている有毒植物には、チアミナーゼも含まれています。


チアミンの生物学的に活性な形態であるチアミンピロリン酸は、アルファケト酸の脱炭酸を介して炭水化物代謝の補酵素として機能します。 チアミン欠乏症の疑いのある症例では、非経口チアミンの迅速な投与が必要です。

スポンサーリンク
広告336×280

症状



●星を眺めるような姿勢(頚部を一側に傾斜した状態)

●体重減少

●運動失

●痙攣

●食欲不振

治療・サポート



●チアミン


500mg、非経口、または100~200mg/日。100㎍/Lで飲料水に加えることもできます。


●食事療法


アヒルの食餌に十分なチアミンが含まれていることを確認する。すべての年齢のアヒルには2.0mg/kg、飼料または5mgのチアミンを毎日摂取することが推奨されます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280