開張肢(スプレーレッグ : ペローシス) ~ 良好な予後を得るには早期の迅速な治療が必要



開張肢は脚の変形の一種で、通常は孵化したばかりの若いアヒルに見られます。これは、十分な摩擦力が得られない地面でアヒルを育てたことが最も一般的ですが、孵化中の問題や、あまり一般的ではありませんが遺伝的な問題の結果の場合もあります。


この状態は、脚が外側または横方向に広がっていることを特徴としています。片脚または両脚が侵されることがあり、重症度は軽度から重度まで様々です。


開張肢の臨床徴候の発現には、それが明らかになるまで数週間かかる場合があります。 ただし、良好な予後を得るには、早期の迅速な治療が必要です。


開張肢の子は通常、矯正整形外科技術や理学療法にかなりよく反応します。様々な材料で作られた開張肢を持つアヒルの子に使用するために説明されている整形外科的技術があり、これらの方法の主な目的は、アヒルの脚を本来あるべき位置に矯正するのを助けることであり、脚への血液循環を制限するほど狭すぎたり、緩すぎたりしないようにすることです。

症状



●正しく立つことができない

●片方または両方の脚が外側に広がる

●歩行困難

治療・サポート



●水治療法


●足枷


アヒルの子の脚を8の字のパターンで、またはそれぞれの脚の周りと各脚の間の短い長さの材料で、アヒルの脚が互いにつながれている整形外科の技術。


これは、バンドエイド、パイプクリーナー、自着性伸縮包帯(くっつく包帯)、粘着テープのストリップなどを含む様々な材料を工夫して使用します。

開張肢(スプレーレッグ : ペローシス) ~ 良好な予後を得るには早期の迅速な治療が必要
開張肢(スプレーレッグ : ペローシス) ~ 良好な予後を得るには早期の迅速な治療が必要


●発泡プラスチック


脚用に適切な間隔で穴が空けられた発泡プラスチックを使用する。


●支持療法


状態の重症度に応じて、アヒルの子は容易に餌や水を摂取できない場合があるので、介助する必要があります。

予防



※アヒルの子は、バスタオル、キッチンペーパーなど、滑りにくい床面で育ててください。

※直射日光の当たる部屋には孵卵器を置かないでください。

開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常
    開張肢(スプレーレッグ)は、孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常で…
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280