唾液囊胞 ~ アヒルのくちばしの組織内に閉じ込められた唾液の蓄積



唾液腺の損傷、感染、または機能不全の結果としてアヒルのくちばしの組織内に閉じ込められた唾液の蓄積です。それは、獣医によって迅速に治療されなければ、唾液腺に永久的な損傷を引き起こす可能性があるので、アヒルにおける緊急状態と考えられます。

臨床兆候



●軟らかく痛みを伴わない水疱性の嘴の腫脹

●食欲不振

●嗜眠

●嚥下困難

治療・サポート



●手術


損傷を受けた組織や唾液腺の外科的切除が必要になることもあります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280