卵管炎 ~ 通常、感染症または腹膜炎を伴います



卵管炎は卵管の炎症であり、通常感染症、ときに腹膜炎を伴います。原因菌は多種多様ですが、アヒルの大腸菌 (大腸菌症) 、 パスツレラ・ムルトシダ (家禽コレラ)、またはRiemerella anatipestifer (アナチペスチファー感染症:アヒルやカモに感染する致死性の細菌)が最も高頻度に関与します。


卵管炎は急性型と慢性型があります。卵管炎の一般的な原因には、卵塞症や卵管蓄卵材症など他の生殖器系の状態があります。卵管は雌アヒルの生殖系の主要な器官の1つで、卵巣では、卵黄(卵子)が形成され、卵管では卵白・卵殻膜・卵殻が形成されます。


最初、アヒルは感染の徴候を示さないかもしれませんが、産卵数は減少し始め、場合によっては完全に産卵を停止する場合があります。


通常は卵に成長する部分的に生産された卵物質(殻、卵黄、膜など。)が卵管内に蓄積し始めるため、鳥類に内部的な影響を与えます。卵管が非常に大きくなり、卵物質がこれ以上入らなくなると、アヒルの体腔に漏出し始めます。

臨床兆候



●抑うつ

●呼吸困難

●日常的に困難な通卵時間

●嗜眠

●総排泄腔の発赤または腫脹

●分泌物または異形・奇形卵

●腹部の腫大

●体重減少

●産卵低下

●食欲不振

サポート・治療



●抗菌薬

●ホルモン移植

●卵管子宮摘出術

●支持療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280