サルモネラ症 ~ 急性敗血症、関節炎、または呼吸器疾患として現れることもある



サルモネラ症はサルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染性の細菌性疾患です。サルモネラはヒトと同様に広範囲の動物種に感染します。


サルモネラ感染症は最も一般的に胃腸疾患として現れますが、急性敗血症、関節炎、または呼吸器疾患として現れることもあります。


多くの場合、アヒルは病気の臨床徴候を示さずに感染し、断続的に糞便中に細菌を排出しますので、ヒトや他の家畜を含む他の群れの感染リスクを増大させます。


サルモネラ症は通常、鳥がひどく脱水したり感染が拡大したりしない限り、感染後5~7日で治療せずに自然に治癒します。平飼いでの発生は通常、汚染された給餌器、野鳥の糞への暴露、または複数種の鳥の飼育に関連しています。

臨床兆候



●嗜眠

●突然倒れる

●衰弱

●波立たせた羽毛

●くぼんだ眼

●筋肉の“かたさ”凝り

治療・サポート



●抗生物質


鳥の個体の感受性に基づいた特定の抗生物質


●プロバイオティクス


経口サプリメントまたはヨーグルトの形で投与されます。

予防



※アヒルが飼育されている場所の近くで野生の齧歯類の個体群を最小化または排除する。

※給餌器と給水器が野鳥の糞による汚染を防止する。

※ハエの個体数を減少させる

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280