陰茎脱 ~ 二次的な細菌汚染や損傷などの合併症を避けるために注意が必要



雄のアヒルでは、生殖器 (陰茎) を体内に戻すことができないため、陰茎が脱出することがあります。二次的な細菌汚染や不可逆的な損傷などの合併症を避けるために、注意が必要です。


陰茎脱出は通常外傷誘発性ですが、性病またはアヒルペストに関連する臨床徴候であることもあります。


陰茎が体外に出ると、進行期には腫大、腫脹、乾燥、潰瘍化、壊死に至るリスクがあります。


アヒルは通常異常な行動をとり、抑うつ状態に見えたり、孤立したり、他のアヒルと食餌を食べたり、交尾したり、他のアヒルと交流したりする意欲を示さないことがあります。

症状



●雄のアヒルの生殖器が体の外側にぶら下がっている

治療・サポート



●滅菌生理食塩水で徹底的に洗浄し、局所抗生物質クリームを塗布し、腫脹を軽減するためにDMSOを塗布し、総排泄腔の内側に戻す。

●縫合が必要になることもあります。

●抗生物質の全身投与

●切断

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280