卵管脱 ~ アヒルの雌の卵管が体の外に飛び出したときに起こります



卵管脱は、アヒルの雌の卵管(内部産卵管)が体の外に飛び出したときに起こります。突出量は通常子宮部であるが、ときに腟および卵管の他の部分が脱出することがあります。


卵管脱は、正常な生理的過形成、産卵または難産など、慢性的な過度の腹部のいきみを引き起こすあらゆる状態に続発して生じることがあります。


この病態の発生に関連する危険因子には、異常卵または軟らかい殻の卵、卵管炎および排泄腔炎、栄養失調、肥満などがあります。

臨床兆候



●体外への臓器の突出

治療



●アヒルが卵管を傷つけないように、他のアヒルから隔離します。


●自分で卵管(内部産卵管)を体内に押し戻そうとしないでください。


●獣医に行くまで卵管を清潔で湿った状態にしておきます。


●生理食塩水による温浸洗浄、抗生物質等の積極的な処置を必要とする。


脱出した卵管が過度に腫脹している場合は、器官の腫脹を軽減するためにジメチルスルホキシド (DMSO) および局所デキストロースまたはステロイドが必要となることがあります。


●卵管の中に除去できない卵がある場合や、臓器が損傷している場合は、手術が必要になることがあります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280