プリーン腺(油腺)感染症 ~ アヒルが羽をきれいにして防水性を保つのを助けるオイルを産生できなくなります



アヒルの油腺が塞がると、プリーン腺(油腺)感染症を発症し、アヒルが羽をきれいにして防水性を保つのを助けるオイルを産生できなくなります。

プリーン腺感染の臨床徴候



アヒルのプリーン腺(油腺)をよく観察すると、腺とその周囲が肥大して腫れます。通常、化膿性または乾固性の物質を含みます。


罹患したアヒルは通常羽毛が乏しく、通常1日に何度も起こるはずの行動である羽繕いは見られない。また、アヒルがプールに入るのを避けることもあります。

プリーン腺感染症の診断



プリーン腺感染症は、臨床症状と病歴に基づいて診断されます。油の培養は、存在する細菌の種を特定するのに役立ちます。 カンジダ種も存在する可能性があります。

プリーン腺感染症の治療



治療は通常、感染の原因となる微生物に応じて、抗生物質または抗真菌療法を行うかどうか、培養の結果に依存します。


実施される他の治療法は、腺を洗い流したり、タンパク質分解酵素軟膏を注入したりすることや、重症の場合には、最終的な破裂や二次性敗血症を避けるために、腺の外科的切除が必要になることがあります。

症状



●発育不全な容姿

●羽毛の外観が悪い

●羽づくろいの欠如

治療・サポート



●抗生物質


●抗真菌療法


●腺の洗浄


●タンパク質分解酵素軟膏の注入


●ビタミンA


20 KIU/kg未満、週1回筋注、消散まで。


●重症例では外科的切除

予防



※プールで過ごす時間の増加を促す。

※アヒルが泳ぐための小さなプールを設置する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280