ロイコチトゾーン病 ~ 幼若アヒルは感染しやすく成体アヒルよりも重篤な臨床徴候を示す



ロイコチトゾーン病は、ロイコチトゾーン属の血液寄生虫に感染することで引き起こされる、アヒルの媒介性寄生虫疾患です。アヒルとガチョウは主にロイコチトゾーン・シモンディ(L.simondi)に影響されます。


これらの寄生虫はブユ(双翅目ブユ科)によって伝播され、アヒルの赤血球の感染および破壊により血管内溶血性貧血が生じることで知られています。


ブユは感染性のスポロゾイトを唾液腺に運び、昆虫に咬まれるとアヒルに移ります。アヒルの体内にあるスポロゾイトは肝臓に移動し、肝細胞に入り何度も複製し、脳、脾臓、心臓、肺などのさまざまな組織や器官に移動します。


ロイコチトゾーン・シモンディ(L.simondi)感染の潜伏期間は約2週間で、幼若アヒルは感染しやすく、成体アヒルよりも重篤な臨床徴候を示します。成体のアヒルが侵された場合、疾患の徴候は通常徐々に現れ、はるかに軽度です。

症状



●無気力

●速い呼吸

●食欲不振

●嗜眠

●口渇の増加

治療・サポート



●支持療法

ロイコチトゾーン症
    ロイコチトゾーン症の診断と要点     ロイコチトゾーン症はニ…
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280