アヒルの鉛中毒 ~ 特に胃腸の神経系、腎臓系、造血系に影響を与える



鉛中毒は、野生のアヒルと飼育されているアヒルの両方で最も一般的に報告されている毒性状態の1つです。 野生のカモでは、散弾銃から発射された鉛散弾によって引き起こされます。


飼育鳥では、家の周りでよく見られるさまざまなアイテムの摂取、または鉛含有量の多い都市部の土壌への曝露が原因であることがよくあります。


鉛中毒は、急性または慢性の状態として発生する可能性があります。慢性状態は、時間の経過とともにゆっくりと発生します。 アヒルがこの物質を摂取すると、砂嚢に保持され、砂嚢でゆっくりと粉砕されて血流に吸収されます。


いったん血中に入ると、鉛は全身の損傷を引き起こし、特に胃腸の神経系、腎臓系、造血系に影響を与えます。

症状



●食欲不振

●素嚢停滞

●下痢

●体の震え

●異常な行動

●発作

●嗜眠

●抑うつ

●運動失調

●跛行 びっこ

●産卵低下

●体重減少

●筋力低下(翼下垂、下肢不全麻痺)

●頭の傾き

●旋回

●痙攣

●失明

治療・サポート



●エデト酸カルシウム二ナトリウム(CaEDTA)


10~40mg/kgを1日2回筋肉内投与 (IM-IV)


●D-ペニシラミン


55mg/kg経口、1日2回


●ビタミンB群


●デキストラン鉄


●乳酸リンゲル液の静脈内投与


●ジメルカプロール(BAL)


2.5mg/kg、筋注、 4時間毎に2日間、その後1日2回、最長10日間、または臨床徴候が消失するまで。


●毒素源を体から取り除く


ミネラルオイルは、胃腸管から重金属の小さな粒子が通過するのを助ける可能性があります。


●活性炭

予防



●土壌中での鉛含有量試験

●鉛を含むすべての物質を除去します。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280