アヒルの頭部外傷 ~ アヒルを群れから隔離し涼しい暗い環境で管理します



頭部外傷はアヒルにおいてかなり一般的であり、軽度から生命を脅かすまで、複数の症状および重症度で発生します。頭部外傷は、出血、組織の喪失、および多くの場合、脳の完全な曝露の存在によって外見上明らかです。


その他の症例では、頭部損傷の外的証拠を全く示さないかもしれませんが、神経学的障害の広範囲の一時的から永続的な臨床徴候を示すでしょう。

症状



●創傷部位の血液

●眼、耳、口からの出血

●頭を傾ける

●協調運動障害

●旋回、回転行動

●麻痺

●羽毛欠落

治療・サポート



●支持療法


アヒルを群れから隔離し、涼しい暗い環境(暖かい環境ではない)で管理します。


●短期のコルチコステロイド投与


プレドニゾロン、デキサメタゾン(2mg/kg、筋注、1回)


●静脈内輸液


ショック状態であれば、水分補給や脳浮腫を防ぐために、通常の1/2~2/3の量を投与する。

予防



※羽冠のあるアヒルは優しく扱い、頭に圧力をかけないようにしてください。

※怪我の可能性を最小限に抑える。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280