痛風 ~ アヒルの関節や臓器に尿酸塩の結晶が蓄積することによって起こる炎症性疾患



痛風は、アヒルの関節や体の1つ以上の臓器に尿酸塩の結晶が蓄積することによって起こる炎症性疾患です。尿酸塩の沈着は、腎機能障害、尿酸の排泄障害、または腎臓に過剰な尿酸が過剰に負荷されて腎臓が処理できなくなることによって起こります。


また、アヒルの体内に尿酸が沈着する場所によって、痛風には2つの型があります。

●関節性痛風


関節性痛風は、関節および滑膜鞘における尿酸ナトリウム結晶の蓄積です。いったん特定の場所に沈着物が生じ始めると、それらは時間とともに成長し続け、痛風結節(尿酸結晶の蓄積)を形成します。


●内臓痛風


内臓痛風は、腎臓、肝臓、心臓、心膜、気嚢などの臓器に尿酸ナトリウムの結晶が蓄積することによって起こります。



※一部のアヒルでは、内臓性痛風と関節性痛風が同時に起こることがあります。

関節性痛風と内臓性痛風の比較



●内臓痛風

・発症:急性

・有病率:一般共通

・性別:両方とも

・影響を受ける群れの割合:群れの最大100%


●関節性痛風

・発症:慢性

・有病率:散発的

・性別:ほとんどが雄のアヒル

・影響を受ける群れの割合:個々の鳥

死亡後に臓器に観察される肉眼的病変



●内臓痛風

・腎臓

ほとんど常に関係しています。異常な大きさで白チョーク様の沈着物で覆われています。

・関節

関与している場合とそうでない場合があります。


※考えられる原因


・脱水

・炭酸水素ナトリウム

・感染性病原体

・ビタミンA欠乏症

・尿路結石に続発

・腫瘍形成

・免疫介在性糸球体腎炎

・有害物質への暴露


●関節性痛風


・腎臓

関与する可能性があります。脱水状態でない限り、通常は正常に見えます。

・関節

常に、特に

※考えられる原因

・高蛋白食

・食餌中の過剰なカルシウム

・低リン食

・高エネルギー食

・遺伝的欠陥

・マイコトキシン

痛風の原因



痛風は、食事、脱水、ウイルス感染、腎毒性のある薬や毒素への曝露など、さまざまな要因によって起こります。

食餌関連の要因



●過剰な食餌性カルシウム


産卵していないアヒル(アヒルの子、卵を産まなくなった高齢のアヒルなど)に高カルシウム食を長期間与えると、腎臓の損傷を引き起こすことがあります。


これは最も一般的には、すべての群れのメンバーに市販の産卵鶏飼料を与えることに関連しています。また、飼料工場の配合ミス、炭酸カルシウム (CaCO 3) の大きな粒子を含む低品質の家禽飼料を与えることによっても引き起こされます。


●ビタミンA欠乏症


ビタミンAはアヒルの必須ビタミンであり、アヒルがビタミンA欠乏食を長期間摂取していると、尿管の内側を損傷し(尿が腎臓から総排泄腔に流れる管)、痛風を引き起こすことがあります。


すべての市販の家禽飼料にビタミンAが含まれているわけではなく、含まれている飼料では、特に日光にさらされたときに、時間の経過とともにその量が減少します。


これはビタミンAが日光に非常に敏感だからです。草や様々な雑草(タンポポのような)が良い供給源であるため牧草への定期的な給餌をしないアヒルは、ビタミンA欠乏症のリスクが高い。


●低リン食


リンが腎臓結石の予防に役立つ尿酸性化剤として作用するため、リンの少ない食餌を摂っているアヒルは痛風を発症するリスクが高くなります。


●高コレステロール食


高コレステロール食を与えられたアヒルは腎臓病を発症しやすい。


※管理関連


●脱水


アヒルが脱水状態になると、腎臓障害のリスクが高まります。脱水症は通常、水分不足が原因で起こりますが、最も多いのは、水分摂取量が増加する暑い気候のときや、水源の表面に沿って氷が形成されることによる飲み水補給できなくなる寒い気候のときです。


●マイコトキシン


マイコトキシンは、家禽飼料、敷料およびその他の飼料に一般的に見られるカビによって産生される毒素です。ある種のマイコトキシンの摂取は腎障害を引き起こすことが知られています。


●サルファ剤及びアミノグリコシド系抗生物質


この種の抗生物質は腎臓から体外に排出され、特にアヒルが十分な水分を摂取していない場合に、鳥類に腎臓障害を引き起こすことで知られています。


●消毒剤及び殺虫剤


メーカーの推奨に従って適切に使用すれば安全で効果的ですが、用量の計算を誤ると腎障害を引き起こす可能性があります。


●炭酸水素ナトリウム(重曹)


アヒルに重炭酸ナトリウムを与えると、尿のpHが低下してアルカリ性になり、腎臓結石のリスクが高まるため、痛風の発症に寄与します。

症状

●脚の関節の腫れ、熱感、痛み

●皮膚を通して見える固い腫瘤

●跛行 びっこ

●皮膚の色が濃くなる (紫がかった)

●歩行困難

●移動への抵抗

●嗜眠

治療・サポート



●食餌分析


質の高いタンパク質源(タンパク質濃度が高くならないようにする)からバランスの取れた食餌をアヒルに与え、食餌に十分なビタミンAを与えてください。


●プロベネシドとコルヒチン


低タンパク食と併用して10週間


●アロプリノール


40mg/kgを経口または飲料水に混ぜて投与。1日1回です。長期投与により肝障害を起こすことがあるので注意。

予防



※氷が張るような冬であっても、群れのすべてのメンバーが常に新鮮で清潔な水が飲めるようにします。(温水器やバケツを使う)。

※アヒルが適切な量のビタミンAを毎日摂取できるようにする。

※蛋白質の推奨値を含むバランスのとれた食餌を与える。

※産卵鶏用を目的とした飼料を与えないこと。

※野草、雑草を与える。または定期的に牧草地へ放す。

ニワトリの痛風
        痛風は、鳥の体内に尿酸が過剰に含まれている場合に起こり…
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280