砂嚢虫感染症 ~ 特定の種類の回虫(線虫)によって引き起こされる寄生虫症



砂嚢虫感染症は、砂嚢虫(Amididostomum sppおよび、Epimidiostomum spp)と呼ばれる特定の種類の回虫(線虫)によって引き起こされる寄生虫症です。


砂嚢虫は、鳥が飼育されている環境に大量の糞便が集中している不衛生な状態で飼育されているアヒルや他の水鳥によく見られ、感染の重症度は、存在する線虫の数、年齢、鳥の全体的な免疫状態によって異なります。


成鳥のアヒルは無症状感染することが多い(病気の臨床兆候を示さずに感染する)。アヒルの子は、臨床徴候を伴う重度の重い感染症に苦しむ可能性が高くなります。


砂嚢に最も大きな損傷を与え、その結果、砂嚢粘膜のびらん、出血、カタル性炎症、砂嚢上皮の潰瘍形成、コイリン層の変性、砂嚢筋の壊死性肉芽腫が生じます。


大量に寄生されると、アヒルの消化器系に障害を与え、衰弱、体重減少、発育遅延を引き起こすことがあります。アヒルの糞の中に虫卵が肉眼で見えることもありますが、多くは糞検査で確認する必要があります。

伝播



アヒルは線虫の直接的または間接的な(感染したミミズを通して)摂取によって砂嚢線虫に感染します。

臨床兆候



●食欲不振

●嗜眠

●糞便中の虫卵

●成長の鈍化

●体重減少

●衰弱

治療・サポート



●管理上の変更


便の蓄積を減らすために、汚染されていない別の場所に移動するか、より衛生的な方法(毎日の清掃など)をとらない限り、鳥は再感染し続けます。


●イベルメクチン


0.2mg/kgを単回経口投与又は皮下注射


●フルベンダゾール


0.24mg/kg飼料を毎日混餌投与

予防



●水鳥の生息環境の整備

●過密を避ける

●定期的に鳥の糞を掃除する

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280