卵胞性嚢胞 ~ アヒルの皮膚上または皮膚直下に硬い結節またはしこりとして最も多くみられる



毛包嚢胞は、液体、半固形物、ガス状物質で満たされた毛包を含んで形成される嚢胞の一種です。いずれの組織にも発生しますが、アヒルの皮膚上または皮膚直下に硬い結節またはしこりとして最も多くみられます。

嚢胞の原因は何ですか?



アヒルの嚢胞の一般的な原因は次のとおりです。


●羽毛の損傷

●遺伝的素因

●腫瘍

●感染症

●細胞の欠陥

●体液の貯留を引き起こす体内の管の閉塞

●寄生虫

●慢性炎症性疾患


※毛包の片側だけに損傷が生じると、皮膚を貫通できない非対称な羽の成長が起こります。その結果、毛包内でカールして戻り、羽毛の代わりにケラチンで満たされます。

嚢胞の治療



毛包嚢腫の治療は、その場所や大きさ、鳥に与える影響によって異なります。

症状



皮膚上または皮膚直下の異常なしこり

治療・サポート



●手術


毛包嚢胞は、排膿するか獣医による外科的切除が必要になることがあります。嚢胞は、針またはカテーテルを空洞に挿入して排膿または吸引する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280