腸管の吸虫症 ~ 寄生虫を含む淡水産の巻貝を食べることによってアヒルに感染します



腸管吸虫(Cyathocotyle bushiensisとSphaeridiotrema globulus)は、アヒルの下部小腸および盲腸に寄生し、損傷を引き起こす寄生虫です。


アヒルやカモは、この寄生虫を含む淡水産の巻貝を食べることによってアヒルに感染します。アヒルは通常晩夏または初秋に感染し、死亡前に臨床徴候を示す場合と示さない場合があります。


わずか100匹の吸虫が成体のアヒルにとって致命的であると考えられ、感染したカタツムリの60%以上が100匹以上を保有しており、通常、アヒルは寄生されたカタツムリを摂取してから3~8日以内に死亡します。

臨床兆候



●嗜眠

●体重減少

●産卵低下

●軟殻卵の増加

●卵に見られる虫

●食欲不振

●血で汚れた総排泄腔

治療・サポート



●プラジカンテル


10~20mg / kgを経口投与、10~14日で繰り返す。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280