眼の損傷 ~ アヒルやその他の水鳥では眼の損傷が比較的よく起こります



アヒルやその他の水鳥では、眼の損傷が比較的よく起こります。眼の損傷には、まぶた、眼の周囲の骨、眼球自体が含まれます。


眼の外傷にはさまざまな種類があり、軽度から重度まであります。しかしながら、外傷が軽度と思われる場合でも、全ての眼損傷は直ちに獣医学的ケアを受けるべきです。アヒルの目を見ただけでは、ケガの程度はわからないかもしれません。


アヒルの眼の損傷は、何かが鳥の眼に触れたときに起こり、損傷を引き起こします。群れの一員との喧嘩中に眼の損傷が起こることがあり、特に鋭い蹴爪をかけた鶏が関与している場合に起こります。


泥、過剰なほこり、虫刺され、鋭いトゲ、さらにはストローでさえアヒルの眼を傷つけることがあります。時にアヒルは、眼を傷つける鋭利な物体にぶつかったり、通り過ぎたりすることもあります。

アヒルにおける眼の損傷の兆候



アヒルに眼のけがなどの問題がある場合、いくつかの異なる徴候が見られます。片眼または両眼に徴候がみられることがあります。アヒルにおける眼損傷の最も一般的な徴候には以下のものがあります。


●眼球の腫れ

●過度の涙

●眼部からの出血

●眼の外観がくぼんでいる

●開眼不能

●まぶたがピクピクしたりする

●目の曇りや色の変化

●目をこする

●長時間の散瞳、収縮、または他の異常な瞳孔所見

●速いまばたき

●黄色または緑がかった分泌物

●目の白い部分に血痕または赤色所見

●眼の周囲の粘膜の発赤

●非対称な眼の外観

●光に感じやすい・敏感


他の雄鶏の鋭い蹴爪または鋭いくちばしでつつくことによる直接または間接的な打撃は、打撃の力による眼内出血に加えて、同時に裂傷を引き起こすことがあります。


また、眼に入った血液によって眼圧が上昇し、視力が永久に失われることがあります。眼の外傷も急速に進行することがあり、かなり痛みます。


※アヒルに最もよくみられる眼の損傷には以下のものがあります


●角膜裂傷

眼の表面に切り傷またはひっかき傷がある。

●角膜潰瘍

破片による可能性がある。

●穿刺

鋭いトゲ、くちばし、歯、爪、異物が原因で起こります。

●眼瞼裂傷

眼が何かに引っかかることによって起こる。

アヒルの眼外傷の治療



もしアヒルが目を怪我しているかもしれないと思ったら、できるだけ早く獣医に連絡することが大切です。獣医の指示がない限り、家で鳥の目の治療をしようとしないでください。

臨床兆候



●開眼不能

●眼部からの出血

●眼に異物がある

●瞳孔の大きさまたは形が異常

●まぶたがピクピクしたりする

●まぶたの切り傷

●片方の眼が突き出ている

●光に敏感

●目の曇りや色の変化

●過度の涙

●眼の充血

●速いまばたき

●眼の分泌物

治療・サポート



●アミノグリコシド系抗生物質の外用

二次感染防止:敷材やその他の素材が眼の部分に付着するリスクを避けるために、点眼薬が好まれます。


●眼球の外科的除去 (眼球摘出術)

重症例では適応となります。

予防



●尖った物体や突出した物体への露出を最小限に抑える

●強風が吹くと、砂や他の基質粒子が目に入る危険性が高まるため、激しい嵐の時には、アヒルを屋内に入れるか、十分な大きさの避難所を設置してください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280