眼感染症 ~ 眼の感染症には、ウイルス、細菌、真菌があります



眼の感染症には、ウイルス、細菌、真菌があります。また、患部の部分によって呼び方が異なります。例えば、結膜(まぶたの内側の膜と目の表面の内側の角)が侵されている場合は、結膜炎と呼ばれます。


角膜が侵されることを角膜炎といいます。これはアヒルに見られる最も一般的な眼感染症の2つの例です。他にも影響を受けやすい眼の部位はたくさんあります。眼の感染症も原因によって分類されます。

臨床兆候



●眼の分泌物

●まぶたの腫れ

●眼の充血

●まぶたをしっかり閉じる

●明るい光を避ける

●一定のまばたき

●まぶたの上のかさぶた

●視力障害

治療・サポート



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理します。


●外用抗菌薬


罹患した眼に投与


●経口抗生物質

予防



●群れの行動を毎日観察


群れの一員に対する攻撃の兆候(小さなものでも)を観察します。眼の損傷、失明、さらには死にまで急速に拡大する可能性があるためです。


●強風は鳥の目に入ってくる砂や他の基質粒子のリスクを増加させるので、激しい嵐の時には群れの全員が入るのに十分な大きさのシェルター(風よけ)を設置する。


●水鳥禽舎では、定期的に(ただし、ほこりを払ったり掃いたりしている間は、その場所にアヒルやカモがいないことを確認してください。)ほこりを払って、大量のほこりが溜まらないようにしてください。


●芝生を刈るときや、アヒルの近くで造園具を使うときは注意してください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280