卵黄性腹膜炎 ~ 破裂した卵または卵管に遺残した卵の卵黄物質が腹膜に存在することによって引き起こされる炎症反応



卵黄性腹膜炎は、破裂した卵または卵管に遺残した卵の卵黄物質が腹膜(アヒルの腹部と大部分の器官の内側を覆う薄い層の組織)に存在することによって引き起こされる炎症反応です。


卵黄物質自体は軽度の炎症反応を引き起こすだけであり、腹膜によって再吸収されます。しかし、卵黄素材は細菌の増殖培地であるため、二次的な細菌感染につながる可能性があります。


大腸菌は罹患鳥から分離される最も頻度の高い細菌で、分離された他の一般的な細菌型としては、クレブシエラ属、プロテウス属、ブドウ球菌属、および連鎖球菌属が含まれます。


卵黄性腹膜炎の場合は、原因を特定することが重要です。これは、次のようないくつかの生殖器の状態に続発したり、同時に発生したりすることが多いためです。


●卵管炎

●卵管蓄卵材症

●卵巣腫瘍

●嚢胞性卵巣疾患

●慢性肥満

●卵管捻転

卵黄性腹膜炎の症状



臨床徴候は感染の重症度およびアヒルの全体的な健康状態に応じて大きく異なります。卵黄性腹膜炎の一般的な徴候には以下のものがあります。


●嗜眠

●抑うつ

●活動の減少と通常の行動の変化

●過剰なほど巣箱に座っている、または就巣行動

●腹部内膜の液体の存在を示す触知可能な腹部膨満は、より重症で進行した段階で起こる。

●食欲減退または食欲不振

●「ペンギン様の」の姿勢を示す。

●換羽遅延

●過去に突然に停止したか、殻のない卵を産卵したことがある。


鳥の腹部に存在する液体の量によっては、存在する液体の圧力と空間を占める性質のため、呼吸困難を引き起こす可能性があります。

卵黄性腹膜炎の診断



卵黄性腹膜炎は、病歴、臨床徴候、身体の診察、各種画像診断機器および臨床検査の組み合わせにより診断されます。鶏の卵黄性腹膜炎の診断に役立つ検査には以下のものがあります。


●腹部を触診すると、卵管に軟らかい殻または硬い殻の卵、腹部内に遊離した異所性卵、卵巣腫瘤、または砂嚢の偏位が明らかになるこがあります。


●血液検査は全血球算定 (CBC) と呼ばれ、白血球数を測定します。白血球数の増加は通常、炎症または感染の徴候です。血液培養は、感染症や炎症の原因となっている細菌を特定するのに役立ちます。抗生物質感受性検査は、感染症の治療に最適な抗生物質を特定するのに役立ちます。


●腹腔穿刺 (獣医が針を使って行う腹腔内の液体を取り除く処置) で採取した体液。これを体液分析のために検査室に送ることができます。この液体の細菌培養は、特定の細菌の同定に役立ちます。


●X線撮影および超音波画像は、蓄積した卵物質および占拠性病変の存在を明らかにするのに役立つことがあります。

卵黄性腹膜炎の治療



卵黄性腹膜炎の治療は、鳥の臨床徴候の原因および重症度によって異なります。二次的細菌感染が関与していない軽症例では、支持療法のみが必要となることがあります。


また、感染症がある場合には、通常、鎮痛薬、抗炎症薬、広域抗生物質、積極的な支持療法、および産卵活動を低下させることを目的とした他の治療法の併用が必要となります。


ときに手術が必要になることもあります。アヒルに繰り返し産卵の問題が発生する持続的な症例では、卵管子宮摘出術のようなより積極的な治療法が適応となります。

治療



●手術


卵黄・卵殻物質を除去するために手術が必要な場合があります。


●産卵停止


場合によっては、ホルモンの移植、環境の変化、または避妊手術。


●広域抗菌薬治療


●卵管子宮摘出術


●支持療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280