アヒルの卵塞症(卵つまり) ~ 雌のアヒルで起こる一般的な産卵関連の問題



卵塞症は、雌のアヒルで起こる一般的な産卵関連の問題です。卵が正常な期間内に卵管を通過できないことと定義されます。卵塞症が起こると、卵管の遠位部に本来あるべきよりも長く卵が存在するために、産卵機能や総排泄腔機能が阻害されることになります。

アヒルにおける卵塞症の臨床徴候



臨床徴候には、腹部膨隆、嗜眠、便秘(排便しようとしているが、排便できない)、毛羽立ち、産卵低下などがあります。

アヒルにおける卵塞症の診断



獣医は、アヒルの体を診察するときに卵の存在を感じることがあります。しかしながら、 X線写真は、軟殻卵またはその他の潜在的な卵の異常の可能性を同定するために推奨されます。

アヒルの卵塞症治療



卵塞症の治療法は症例により異なります。

臨床兆候



●抑うつ

●便秘

●嗜眠

●産卵しない

●腹部の腫大

●食欲減退

●テールボビング

●呼吸困難

●ペンギンのような姿勢

治療



●カルシウム添加

●オキシトシン

●プロスタグランジンF2αおよびプロスタグランジンE

●開腹術


軟殻の卵が含まれる場合、卵殻の破片が含まれる場合、または卵が卵管または子宮に付着している場合に必要になることがあります。すべての殻の残骸を取り除く必要があります。


●ロイプロリド酢酸塩


筋肉内注射として2週間ごとに計3回投与。


●絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピン(HCG)


●ホルモン移植


※鳥が光 (人工) または昼光にさらされる時間を制限します。鳥が長い日長を経験すると、それが引き金となって産卵を促します。


日中や光にさらされる時間を1日12時間以下に制限することで、生殖活動を最小限に抑えることができます。そのためには、窓、タオル、毛布の上に黒いカーテンを置いたり、周囲の照明を消したりする必要があります。

予防



●ホルモン移植


アヒルが卵を産まないようにするために用いられます。


●バランスのとれた餌を与える


活発に産卵している雌のアヒルは、水鳥専用の餌を与えるべきです。カルシウム、リン、ビタミンDのバランスを崩すので、過剰な量のおやつや残飯を食べさせてはいけません。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280