鳥クラミジア症 ~ クラミジア属によって引き起こされる細菌性疾患



鳥クラミジア症はChlamydia属(クラミジア属)によって引き起こされる細菌性疾患であり、人畜共通感染症でよく知られています。


本属は世界中に広く分布し、11種を含み、それぞれが固有の宿主範囲を持つことが知られています。アヒルはトリ病(C.ornithosis)およびオウム病クラミジア(C.psittaci)に最もよく感染します。


オウム病クラミジア(C.psittaci)に感染したアヒルは、腸疾患を発症するか、無症状保菌者として行動し、疾患の徴候を示さないことが最も多い。アヒルやカモに症状が現れるかどうかは、クラミジア株の毒性と鳥の免疫状態によって決まります。

伝播



オウム病クラミジア(C.psittaci)は、汚染された環境、餌、飲料水などからアヒルに感染または吸入することで感染することが最も多いです。


また、キャリア(糞、鼻または目の分泌物、または回復した鳥)から汚染が生じます。アヒルは感染することがあるが、臨床徴候を示さない場合もあり、それでも糞中にオウム病クラミジア(C.psittaci)を排泄します。


オウム病クラミジア(C.psittaci)は非常に丈夫で、浮遊粒子や粉塵を含む環境中で数か月間生存することができ、また、感染した鳥の呼吸器分泌物および糞便物質を介して伝播することもあります。


多くの鳥は無症候性の保菌者です (すなわち、感染して定期的に糞便中に細菌を排出するが、感染の臨床徴候を示さない) 。

臨床兆候



●体の震え

●協調運動失調

●食欲不振

●鼻汁

●眼の分泌物

●嗜眠

●体重減少

●黄色~緑色の下痢

●羽毛を膨らませる

●発育不全

●抑うつ

治療・サポート



●クロルテトラサイクリン


1g/Lを1日1回飲水投与


●ドキシサイクリン


8~25mg/kgを1日2回経口投与、または240ppmを1日1回45日間混餌投与


●エンロフロキサシン (バイトリル)


10mg/kgを1日2回14日間筋肉内投与

予防



●新しく導入した鳥を隔離する

●オウム目(コカトゥー、オウム、インコ、ロリー)またはハト目(鳩)をアヒルや家と同じ場所に混在させないでください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280