白内障 ~ 抗酸化物質やオメガ3脂肪酸を多く含む食餌を摂ることが白内障の予防に役立つ



白内障は眼の水晶体が濁る病気です。白内障はさまざまな理由でアヒルに発生する可能性がありますが、白内障発生理論の1つは、多くの白内障がアヒルの水晶体の酸化的変化によって引き起こされることです。


最近の多くの研究では、抗酸化物質やオメガ3脂肪酸を多く含む食餌を摂ることが、ある種の白内障の予防に役立つことが示されています。


健康なアヒルの目の水晶体はカメラの水晶体のように透明であるため、光は水晶体を通過して眼の後部から画像が処理される網膜まで問題なく届きます。白内障があると、光がレンズを容易に通過できず、その結果、視力が低下し、失明に至ります。

臨床兆候



●曇った目

●瞳孔の白濁

●失明

治療



●支持療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280