ボツリヌス中毒 ~ 重度の神経麻痺性疾患



ボツリヌス中毒は、ボツリヌス神経毒素 (BoNT) への曝露により引き起こされる重度の神経麻痺性疾患であり、ボツリヌス菌と呼ばれる嫌気性で胞子形成性の遍在性微生物により産生されます。


ボツリヌス菌にはいくつかの異なる菌株があり、それぞれの菌株は独自の毒素型を産生し、A型からE型に分類されます。ある種の菌株は特定の領域に豊富に存在し、特定の種に感染を引き起こします。


水鳥は一般的にC型およびD型の影響を受けますが、A型およびE型の毒素も報告されています。


水鳥はペットでも野生でもボツリヌス中毒のリスクが高い。ボツリヌス菌は土壌中に広く分布していますが、毒素を産生するためには一定の環境条件を満たす必要があり、次のような条件があります。


●高温(最適成長温度は25℃~42℃)

●嫌気性環境(酸素がない状態)

●高蛋白源

アヒルにおけるボツリヌス中毒の臨床徴候



アヒルにおけるボツリヌス中毒の特徴的な臨床徴候は、進行性で対称性の弛緩性麻痺で、筋力低下、筋振戦、よろめき、横たわりを伴います。


通常、鳥の脚が最初に侵され、翼(翼の下垂として示される)、首(頭を直立させることができない状態)、まぶたに進行します。アヒルは足が不自由に見えることがあり、多くの場合、転倒する前に立ち上がって数歩歩くことがあります。


また、座っていて動きたがらない場合もあります。進行速度は、摂取した毒素の量や病気の種類によって異なります。通常、ボツリヌス中毒の徴候は、毒素にさらされてから24時間から17日以内に現れます。

アヒルはどうやってボツリヌス中毒になるのですか?



アヒルは汚染された土、水、腐敗物、腐った餌を食べたり、ボツリヌス菌の毒素を含むウジ虫を食べたりして、ボツリヌス中毒になることがあります。


ボツリヌス菌のC型芽胞は、さまざまな水場の底部に沿って存在し、酸素レベルの低下や水温の上昇とともに繁殖し始めます。

臨床兆候



●頭を真っすぐに立てない

●翼を使って移動する

●眼瞼下垂

●衰弱

●筋振戦

●つまずく

●横たわる

●死亡

治療・サポート



●支持療法


アヒルを静かで隔離された場所に移動します。小さな容器に新鮮な水を入れます。ただし、鳥は簡単に溺れる可能性があるため、大きすぎないことを確認してください。


●獣医に電話


ボツリヌス中毒の抗毒素トキソイドワクチンを入手して投与する。


●活性炭


体重1g/kgを1日2回、最初の24~48時間経口投与。


●経管栄養(チューブでの給餌)

予防



※瀕死の動物や死亡した動物がいないか水源を点検し(例えばネズミ)、速やかに死体を適切に処分し、水を捨て、容器を消毒し、新鮮できれいな水を補充する。


※飼料を適切に保管する

※死んだ生物は直ちに敷地内から除去すること。

※特に暑い気候下では、水たまりや泥の水たまりに鳥を近づけてはいけません。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280