鶏結核 ~ 感染性の高い細菌性疾患であり全ての鳥類、特に水鳥に影響を及ぼします



鳥類結核はマイコバクテリウム・アビウム(Mycobacterium avium)によって引き起こされる感染性の高い細菌性疾患であり、全ての鳥類、特に水鳥に影響を及ぼします。


この病気は、数週間、数カ月、場合によっては数年にわたって徐々に発症し、慢性的で進行性です。M.aviumは主にアヒルの肝臓と消化管を標的とし、後に肺、気嚢、脾臓、骨髄、皮膚に播種します。

アヒルの感染経路



アヒルは、細菌の摂取または吸入によりM.aviumに感染します。水の周りには、より多くの感染性細菌が見られます。感染した鳥は糞便中に細菌を排出し続け、環境中に高レベルの汚染をもたらします。


M.aviumは環境要素に対して高度に耐性であり、土壌中で最大4年間生存することがわかっています。

臨床兆候



●体重減少

●胸筋の著しい萎縮

●跛行、歩行困難

●抑うつ

●体調不良

●衰弱

●下痢

●腹部の腫大

●産卵低下

治療・サポート



●抗生物質感受性試験


M.aviumの各菌株は異なる抗生物質に対して異なる耐性を示すため、治療に適応されます。


●支持療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280