鳥インフルエンザ ~ インフルエンザA属のウイルスによって引き起こされる鳥の感染症



高病原性鳥インフルエンザ (HPAI) は、当初「家禽ペスト 」として知られていましたが、インフルエンザA属のウイルスによって引き起こされる鳥の複雑な感染症です。


家禽のHPAIは突然発症し、短期間の重篤な疾患であり、脆弱な種の死亡率はほぼ100%に達します。家禽産業への重大な経済的損失のために、HPAIは獣医の世界で非常に注目されており、当局に即座に届出が必要な疾患として世界的に扱われています。


HPAIVを引き起こす可能性があるため、H5およびH7に起因するLPAIも届出が必要と考えられます。


最近、鳥インフルエンザが世界中の注目を集めたのは、亜型H5N1の高病原性株が、おそらく1997年以前に中国南部で発生し、東南アジア全体で家禽に流行し、また鳥類から哺乳類(ネコ、ブタ、ヒト)に伝播したことが確認されたため世界的な注目を集めました。


野生の水鳥、特にカモ類と雁類、カモメとシギ・チドリ類は、あらゆるインフルエンザA型亜型の保菌者であり、おそらくすべてのインフルエンザA型ウイルスの自然宿主です。


すべての鳥類種が感受性であると考えられていますが、ニワトリ、七面鳥、ホロホロチョウ、ウズラ、キジなど一部の家禽種は、感染の後遺症に対して特に脆弱であることが知られています。

潜伏期間



通常数日間(21日を超えることはほとんどない)の潜伏期

臨床兆候



●くしゃみやせき

●産卵低下

●軽度の顔面腫脹

●呼吸困難

●急死

●紫色に変色

●下痢

●協調運動失調

●鼻汁

治療・サポート



軽症例では、良好な飼育環境、適切な栄養および広域抗菌薬が回復に役立つことがあります。

予防



●野鳥の誘引を最小限に抑えるために、餌を覆い隠す。

●水を新鮮に保ち、糞がないようにします。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280