アテローム性動脈硬化症 ~ 動脈壁の内部に脂肪沈着物が蓄積することを特徴とする進行性の動脈疾患



アテローム性動脈硬化症は、動脈壁の内部に脂肪沈着物が蓄積することを特徴とする、ゆっくりとした進行性の動脈疾患です。 最終的に脂肪沈着物の蓄積は血流の制限につながり、酸素が細胞に到達するのを防ぎます。 それは一般的に高齢のアヒルで発生します。


栄養はその発症に重要な役割を果たし、多価不飽和脂肪酸(PUFA)が少なく、飽和脂肪酸が多い食餌、高コレステロール食、およびリノール酸が豊富な高脂肪食を摂取するアヒルで最も頻繁に見られます。


ほとんどの場合、この疾患の最初の兆候は、原因不明の明らかな突然死です。 臨床徴候が実際に発生する場合、通常、動脈を通る血流の減少によって引き起こされる合併症に関連しています。


これは、嗜眠、運動不耐症、骨盤肢運動失調、呼吸困難、運動失調、行動変化、およびまたはうっ血性心不全として現れることがあります。

スポンサーリンク
広告336×280

症状



●突然死

●運動失調

●呼吸困難

●行動の変化

サポート・治療



●食餌の変更


オメガ3脂肪酸を含む低脂肪食への変更


●イソクスプリン


アテローム性動脈硬化症と推定されるオウムの臨床症状の管理に成功した末梢血管拡張薬。


●キトサン

予防



※オメガ3脂肪酸を豊富に含む食餌、特に長鎖EPAおよびDHAの摂取源。

※低脂肪・低コレステロール食を与える。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280