関節炎 ~ 鳥類は関節炎の別の形態である関節痛風を発症しやすい



関節炎はアヒルの関節の炎症で、痛みや障害、関節の腫れ、こわばりを引き起こします。アヒルやカモによくみられる有痛性の筋骨格系疾患です。


関節炎は感染、外傷、退行性変化または代謝性疾患に起因し、変形性関節症はヒトの関節炎の最も一般的な形態ですが、鳥類は実際には関節炎の別の形態である関節痛風を発症しやすい。


関節炎を有するアヒルは通常、様々な程度の跛行および関連関節の腫脹を有します。ある研究では、関節炎を患っているアヒルの50%が、その結果、少なくとも片方の足に趾瘤症を発症しました。


関節炎のあるアヒルは、痛みを和らげるために、必要に応じて非ステロイド系消炎鎮痛薬NSAID (メロキシカム、カルプロフェン、ケトプロフェン、ブプレノルフィン、ブトルファノール)で治療されることが最も多い。使用されるその他の治療法には、適切な注射、鍼、理学療法などがあります。

症状



●びっこ

●関節可動域制限

●嗜眠

●転倒

●活動レベルの低下

●歩くか立つのをためらう

治療・サポート



●ケトプロフェン


1mg/kg、筋注SID、1~10日間


●鎮痛薬


●Adequan:ポリ硫酸化グリコサミノグリカン

予防



※バランスのとれた食餌を与える

※頻繁に運動をさせる

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280