アヒルの屈曲翼 ~ 初列風切り羽が上向きにねじれる状態



屈曲翼は、鳥の羽の端にある初列風切り羽が上向きにねじれる状態です。これは、下にある靭帯と筋肉に過剰な力が加えられた結果として、成長している羽の重さが翼端の回転を引き起こすときに発生します。


アヒルが成長している間に屈曲翼を矯正すれば、治療は簡単です。しかし、治療が遅れたり、症状が認められなかったりすると、変形は永久的に残ります。アヒルは8週齢から12週齢の間に屈曲翼を発症させるリスクが最も高い。

屈曲翼はどのようなものですか?



屈曲翼の初期の指標は、アヒルの片方または両方の翼の垂れ下がりです。重症例では、翼が60度を超える角度で突出し、「天使の翼」 のように見えることがあります。


また、アヒルの主翼の片方または両方が損傷することがあります。罹患した鳥は、関連する翼の可動域がわずかに減少していることも示し、屈曲翼は右より左の羽に影響を与える傾向があり、雄のアヒルは雌より感受性が高い。

屈曲翼の重症度


アヒルの屈曲翼 ~ 初列風切り羽が上向きにねじれる状態
アヒルの屈曲翼 ~ 初列風切り羽が上向きにねじれる状態


ガチョウの屈曲翼の重症度を分類する方法は、台湾の国立鄭興大学の研究者グループによって開発されました。

●グレード1

重症度:軽度

初列風切り羽は30°未満の角度で体から離れて突出している。


●グレード2

重症度:中度

初列風切り羽は30°から60°の角度で体から離れて突出している。


●グレード3

重症度:重度

初列風切り羽は60°以上の角度で体から離れて突出している。


屈曲翼はどのように治療されますか?


アヒルの屈曲翼 ~ 初列風切り羽が上向きにねじれる状態
アヒルの屈曲翼 ~ 初列風切り羽が上向きにねじれる状態


アヒルがまだ成長している時期に屈曲翼を十分に早く治療すれば、通常は副子固定または自着性伸縮包帯(くっつく包帯)を用いて翼を正しい位置に固定し、食餌を変更することで矯正できます。


屈曲翼の疑いがあればすぐに、患側の翼を自着性伸縮包帯で包みます。包帯が正しく巻かれていることを確認するために、毎日チェックします。ほとんどのアヒルは1週間以内に改善し始めるはずです。


同時に、食餌の改善を行うべきです。アヒルは粗蛋白濃度が16%以下の低蛋白食に切り替えます。水鳥専用のフードを使用すればよいでしょう。

症状



●垂れ下がる翼

●翼のねじれ

●翼の異常

治療・サポート



●翼の補助


初期段階で捕獲された場合、アヒルがまだ若く成長している間に、副子で治療して骨の成長を正しい位置に矯正することができます。


●食餌管理


成長期のアヒルは、粗タンパク質を16~17%含むバランスの取れた食餌をとるようにしましょう。また、パンを食べさせないでください。


●手術


場合によっては役立つことがあります。

予防



※鶏のヒナ用飼料をアヒルの子には与えないでください。アヒルとニワトリでは栄養所要量が異なり、アヒルの方がニワトリよりもタンパク質の摂取量が少ない。タンパク質レベルが最大でも20%を超えないようにしてください。

※アヒルは運動をさせて、不必要に暑い状態(場所)に置かないようにしましょう。

※アヒルやカモ、他の水鳥にパンやその他の高炭水化物食品を与えてはいけません。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280