アミロイドーシス ~ 組織や臓器内に異常なタンパク質 (アミロイド) が蓄積し臓器不全に至る致死的な進行性の状態



鳥類アミロイドーシスはよく知られた病理学的疾患であり、鳥類、特にアヒルの一般的な死因です。鳥の組織や臓器内に異常なタンパク質 (アミロイド) が蓄積し、臓器不全に至る致死的な進行性の状態です。


ヒトに発生するアミロイドーシスにはいくつかのタイプがありますが、アヒルは最も頻繁に炎症関連型、AA‐アミロイドーシスまたは全身性アミロイドーシスとしても知られています。


鳥類アミロイドーシスは、いくつかの疾患、特に慢性感染症の二次的な結果として生じることがしばしば認められます。既存の慢性炎症(またの名を趾瘤症、痛風、凍傷、鶏結核病)または腫瘍を有するアヒルはいずれもリスクが高い。


長期間の炎症は、アミロイド蛋白質A (AA) の前駆体蛋白質、肝急性相反応物質、血清アミロイドA (SAA) の血清量の増加を生じることがわかっています。


過密でストレスの多い環境に置かれたアヒルではアミロイドーシスの発生率が上昇することが示されています。ある研究では、アヒルの71%までがアミロイドーシスを発症し、過密な生活環境に置かれていました。

アミロイドーシスはどのように診断されますか?



アミロイドーシスの臨床徴候は非特異的であるため、確定診断を得るためには生検または剖検後の組織病理学的診断が必要です。

症状



●嗜眠

●食欲不振

●立ちたがらない

●体重減少

●筋萎縮

●衰弱

●腹部の腫大

●足のむくみ

●呼吸困難

治療・サポート



●支持療法


基礎疾患の治療とストレスの軽減。

予防



※環境ストレスへの曝露を減らす。

※趾瘤症、凍傷、痛風などの慢性炎症性疾患の予防。

※アヒルを過密飼育しない。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280