空気中の毒性物質への暴露



アヒルの呼吸器系は、空中浮遊毒素への暴露に特に敏感です。これは、鳥の呼吸器系が他の種の呼吸器系と比べると非常に独特であるためで、また、鳥がより高い高度で飛んでいるときに効果的に呼吸できるようにする必要があったからです。


したがって、鳥は哺乳類などの他の種よりも効率的に酸素を吸収できる必要があります。そのため、交差流の流れと血液によって、アヒルの血液中の酸素レベルが、息を吐き出すときの酸素レベルよりも高くなる可能性があります。


このことのマイナスの結果は、この能力があると、空気中からより多くの毒素を吸収するリスクが生じ、その結果、それらが哺乳類のような他の動物種よりも早く毒性レベルに達することになります。


また、臨床徴候は最初の暴露から数時間遅れることがあります。  

症状



●呼吸努力の増加

●開口呼吸

●運動制限

●チアノーゼ

●くしゃみ

●咳

●運動失調

●衰弱

●テールボビング

●元気消失

●鼻汁

●つやのない羽根

●体重減少

●急死

治療・サポート



●支持療法


酸素療法、輸液療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280