鶏の病気治療用で常備している抗生物質や駆虫薬

Gamefowl Vaccine : Gamefowl Live Vaccine | Agribusiness Philippines



(おっちゃんの言っていることが良く分かりませんが、ワクチンの点眼、点鼻、錠剤投与方法が参考になるかと思います)


鶏や鴨に使用する薬剤というのはある程度決まっているのですが、投与したものの効果にキレがなかったりした場合の代替薬剤等、ほとんどが動物用医薬品ですが、人間用の医薬品も使ったりします。


近隣に鶏を診てくれる獣医さんが居ないので、抗生物質、抗菌剤、駆虫薬、各種ワクチン類やその他、局所麻酔や縫合セット等も揃えていますし、実際、糸結びや注射等ふつうにします。

病気の予防・衛生的な飼育管理が大切



体調の悪い鳥は、赤外線ヒーターで温めた部屋に隔離して休ませます。保温するだけでも随分と体調が良くなる場合があります。まずは保温。


●バイロシン錠50mg (バイトリルのジェネリック)(ニューキノロン系)


サルモネラ・マイコプラズマ・伝染性コリーザ 
3日~7日


鶏が体調不良の場合(食欲不振、元気喪失、羽毛を逆立てて沈うつ、下痢や様子がおかしい等)、直ぐに1/4錠を飲ませます。


経験上、大概回復します。投与期間ですが、投与後、2~3日目で回復が見られても必ず5日間は投薬を継続します。2~3日目で回復して投薬を止めてしまうと必ずと言って良いほど再発するからです。時には7日間投薬を継続する場合もあります。


●ドキシサイクリン(テトラサイクリン系)


マイコプラズマ病
5~10日連続


●タイラン:(タイロシン)(マクロライド系)


マイコプラズマ
1~5日


●アイブロシン水溶散(マクロライド系)


マイコプラズマ
3~5日連続


●フラジール錠


抗トリコモナス・駆虫
5~10日連続


●アモキシシリン20%細粒(ペニシリン系)


呼吸器感染症・細菌による感染症、壊死性腸炎 
3~5日連続投投与


●ビブラマイシン錠:(ドキシサイクリンの錠剤)


5~10日連続

駆虫剤(虫下し)



ダイメトン散
ダイメトン散



●ダイメトン散 (抗コクシジウム)


鶏コクシジウム症の予防
5日連続


鶏の虫下しに塩酸レバミゾール を使用します
鶏の虫下しに塩酸レバミゾール を使用します



●塩酸レバミゾール (虫下し) 


回虫・毛様虫の駆虫
3日連続


バイコックス2.5%
バイコックス2.5%



●バイコックス2.5%


鶏コクシジウム症の治療(予防)
2日連続


●イベルメクチン・ポアオン


体内(線虫、回虫)・外部寄生虫駆除(ダニ、疥癬ダニ、シラミ等の駆除)


体内・外部寄生虫を駆除できる便利な製品です。イベルメクチン・ポアオンを使うようになってから、レバミゾールは使わなくなりました。

ワクチン類



●ND生ワクチン(局所免疫)
ニューカッスル病の予防、10mlの生食水で溶解し、左右の鼻腔に1滴ずつ滴下

余談になりますが、鶏が開口呼吸、削痩、喉をゴロゴロ鳴らすとかの症状の場合は意外と寄生虫(気管開嘴虫)が関係している場合があります。
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280