ぺっとくすり

雄の生殖器の疾患 ~ 精巣(睾丸)の疾患


解剖と生理



精巣(睾丸)、精巣上体(副睾丸)、陰嚢、陰茎、包皮および副生殖腺として精嚢腺、前立腺、尿道球腺があります。


精巣は陰嚢の主部を占め、おのおのの陰嚢腔の中にあり、おおむね卵形ですが、家畜により、その大きさ、重量がさまざまです。すなわち、牛では250~500g、馬では200~300g、豚で500~800g、羊、山羊は200~400gです。


犬ははなはだ小さく7~15g、猫はさらに小さい。


精巣のすわり方は家畜により差があり、牛、羊では長軸は垂直で、精巣上体は後内側にあり、馬はほとんど水平で精巣上体は背部にある。


豚、犬、猫ではやや傾斜していることが多い。


陰嚢は外側から皮膚、肉様膜、総鞘膜(鞘膜壁側板)、鞘膜(鞘膜臓側板)となり、精巣の保護と適当な冷却装置として有用な作用をはたしている。


陰茎は交尾器官として勃起という作用により重要な役割をはたしています。


牛の陰茎は陰茎S状曲が特徴があり、勃起するとこれがなくなる。陰茎の海綿体は、尿道球動脈、陰茎深動脈、陰茎背動脈の三動脈から血液が流入するにつれ、同名の静脈が周辺所在の海綿体筋によって圧迫され、うっ血がつづき、勃起となるのです。


特に馬は勃起性の組織が多く、正常の数倍に膨脹します。牛の陰茎は陰嚢背部にS状曲があるが、勃起によってこれが消失し、包皮外へよく25~60cm突出伸長する。


豚の陰茎は牛に似ているが、S状曲は陰嚢の前位にあり、亀頭はないが、陰茎の前部はラセン状に捩れています。


犬の陰茎はさまざまな長さの硬い陰茎骨を有し、腹側には尿道のための溝があります。亀頭は亀頭長部と亀頭球に分かれ、亀頭球は勃起時に著しく膨脹する。


猫の陰茎は短く後下方に向いている。陰茎骨は欠損していることもある。亀頭はなく、多数の小乳頭状突起があります。


包皮は陰茎の先端を包む皮膚の鞘で、犬では亀頭が長いので、包皮口から包皮底までがかなり長いが、羊などでは陰茎が包皮底にわずかに出ているに過ぎない。


馬は包皮輪が内、外二重になっています。

精巣(睾丸)の疾患(Disases of the Testes)



先天性異常(congenital abnormalities of the testes)


精巣(睾丸)に見られる先天性の異常としては、左右の精巣が(ふつうは精巣上体と精管も)欠如した無精巣症anorchidism、片方の精巣を欠く単精巣症monorchidismおよび一側または両側精巣の形成不全hypoplasiaが知られています。


形成不全の精巣は、実質に著しい線維形成がないかぎり軟かく、陰嚢内で自由に動く。ふつう間質細胞(Leydig細胞)が欠如し、精細管が形成不全を呈するため、性欲は減退し、生殖能力は弱い。


牛と山羊に多く、馬、羊、豚、犬では少ない。


特に左側の精巣にしばしば発現する。この形質は遺伝性なので、繁殖から除外すべきです。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)