ジメルカプロール(BAL) ~ ヒ素化合物によって引き起こされる中毒の治療に使用されます



ジメルカプロール(BAL)は、ヒ素化合物によって引き起こされる中毒の治療に使用されます。また鉛、水銀、金の中毒に使用されることがあります。


保存/安定性:ジメルカプロール注射液は40℃未満で保管する必要があります。できれば室温(15-30℃)で。


注意:ジメルカプロールは、急性ヒ素毒性に続発しない限り、肝機能障害のある患者には禁忌です。キレート化された錯体は金属単独よりも毒性が高い可能性があるため、この薬は鉄、カドミウム、およびセレン中毒にも禁忌です。


ジメルカプロールは腎毒性の可能性があるため、腎機能障害のある患者には慎重に使用すべきです。

投与量



25~35mg/kgを1日2回、週5日、3~5週間経口投与。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280