心筋の進行性疾患 拡張型心筋症



拡張型心筋症(DCM)は、心筋の進行性疾患であり、血管系に血液を送り出す圧力を生成する心臓の能力が低下します。


DCMは、うっ血性心不全、不整脈、失神、突然死に至る可能性があります。


DCMは、心臓がポンプとして機能する能力を低下させます。DCMの臨床徴候は、鶏の体への酸素化血液の送達の低下(無気力、衰弱、虚脱)、または肺の血液のうっ血(咳、呼吸数および/または労力の増加、腹部膨満)、またはその両方に続発する。


DCMを呈したしたニワトリは、心房(心房細動、上室性頻脈)または心室(心室性期外複合体、心室性頻脈)のいずれかで生じる心不整脈を発症しやすい傾向があります。


治療には、関連する不整脈を制御し、利尿薬やACE阻害薬などの心臓薬で心不全の再発を防ぐことが含まれます。


収縮機能は、ピモベンダンの使用により増加する場合もあります。

拡張型心筋症の臨床兆候



●運動不耐性

●無気力

●弱さ

●倒れる

●せき

●呼吸数の増加

●腹部膨満

拡張型心筋症の治療



●利尿薬


フロセミド


●ACE阻害薬


エナラプリル


●飼料の改善と給餌制限


低脂肪または維持食への切り替え、飼料摂取量の制限。


●ジゴキシン療法


●ピモベンダン


●スピロノラクトン

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280