ジゴキシン(Digoxin) ~ うっ血性心不全の鳥に与えられ、腹水を減らすための抗不整脈薬です



ジゴキシン(ラノキシン)は、うっ血性心不全の鳥に与えられ、腹水を減らすための抗不整脈薬です。


保存/安定性:ジギトキシン錠は室温 (15~30℃) で保存し、密閉容器に保管。ジギトキシン注射液はpH3未満で加水分解されますが、ほとんどの静脈注射液に適合するといわれており、酸やアルカリには適合しません。

投与量



経口投与(0.01mg/kg、24時間ごとx 6週間)または静注(0.0049mg/kg、12時間ごと)

副作用



※心室頻拍または心室細動

※進行性徐脈性不整脈

※虚脱

※突然死

薬物相互作用



●ふすまおよび高繊維食品

●過剰な塩、またはナトリウム

●にんにく、生姜、銀杏、トチノキ

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280