趾皮膚炎(Digital Dermatitis) ~ 有痛性の蹄の病変を引き起こす細菌性皮膚感染症



趾皮膚炎 (DD) は、成乳牛に有痛性の蹄の病変を引き起こす細菌性皮膚感染症です。


過密で不衛生な状態で生活する乳牛にとって最も頻繁に問題となり、牛の跛行の主な原因で、炎症や皮膚の損傷による痛みや不快感が原因です。


同様の病型はヒツジおよび乳用ヤギに伝染性の趾皮膚炎を引き起こします。DDは他の3つの病型の牛の蹄病変の発生にも関与しています。足趾の壊死、非治癒性の足底の潰瘍、非治癒性の白線疾患等


ある種の牛は他の牛よりもDDにかかりやすく、病変は冠状動脈の帯に沿って、または牛の片方または両方の足に隣接する皮膚に生じます。


米国では、ほとんどの牛が増殖型のDD (PDDと呼ばれる)に罹患しており、ヨーロッパではよりびらん性のDDに罹患しています。四つのステージはM1 (初期段階)、M2 (潰瘍期)、M3 (痂皮形成期)、M4 (慢性期)からなります。

※M1(初期段階)

限局性の小さな肉芽腫性領域:一般的に痛みがない

※M2(潰瘍期)

大きな病変:触診で痛む

※M3(痂皮形成期)

痂皮が潰瘍上に形成される

※M4(慢性期)

表面増殖または角化異常:一般に非疼痛性:感染性を維持:M1期の再活性化能

DDの原因となる一次細菌は、トレポネーマ (トレポネーマ属) であると考えられています。


トレポネーマ属は、ヒトのトレポネーマ病およびヒト歯周炎の原因となる属と同じです。一般的に見られるトレポネーマの6グループには、トレポネーマ・デンティコラ(T.denticola)、トレポネーマ・マルトフィラム(T.maltophilum)、トレポネーマ・メディウム(T.medium)、トレポネーマ・プチダム(T.putidum)、トレポネーマ・ファゲデニス(T.phagedenis)、トレポネーマ・パラルイスクニクリ(T.paraluiscuniculi)があります。


また、トレポネーマはヒトを含む複数の宿主に感染することができます。


DD病変で同定された他の細菌性病原体には、ボレリア・ブルグドルフェリ(Borrelia burgdorferi)、マイコプラズマ属(Mycoplasma spp)、バクテロイデス属(Bacteroides spp)、カンピロバクター属(Campylobacter spp)およびCandidatus Amoebophilus asiaticusがあります。


伝播:DDは、感染した牛、またはおそらく他の動物、さらには人間との接触により、直接皮膚から皮膚への感染が疑われます。専門の蹄鉄工が使用している蹄切り器具の汚染による間接的な感染など。

症状



●軽度から重度の潰瘍性またはかさぶた性のもの

●触診で痛みを伴う場合とそうでない場合があります

●跛行

治療



※抗生物質の使用:全身・外用、繰り返しの治療が必要な場合が多い。

予防



※放牧地への放牧を増やす。

※清潔で衛生的な環境を維持する

※バイオセキュリティ対策、特に新しい牛群の導入に伴う対策

※蹄切り包丁を牧場訪問の合間にヨウ素系消毒剤で消毒する。

※定期的に蹄のトリミングを行う。

※食餌への有機微量ミネラルおよびヨウ素の補給。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280