ジアゼパム(Diazepam) ~ 抗不安薬、筋弛緩薬、催眠薬、食欲促進薬、および抗けいれん薬として臨床的に使用されているベンゾジアゼピン系の薬



ジアゼパム(Valium)は、抗不安薬、筋弛緩薬、催眠薬、食欲促進薬、および抗けいれん薬として臨床的に使用されているベンゾジアゼピン系の薬です。


ジアゼパムは経口投与後速やかに吸収され、最高血漿中濃度は経口投与後、30分から2時間以内に現れます。薬物は緩徐に(経口より遅い)、筋肉内投与後は不完全に吸収されます。


注意:ジアゼパムは、オピエート、バルビツール酸、ガバペンチノイド、アルコール、その他のGABA作動性物質などの鎮静薬と決して併用すべきではありません。死に至る可能性があります。


保存/安定性:ジアゼパム製剤はすべて室温 (15°~30℃) で保存。注射液は凍結しないようにし、遮光しなければならない。


経口剤 (錠剤/カプセル剤) は気密容器に保存し、遮光すること。ジアゼパムはプラスチックに吸着することがあるため、プラスチック製の注射器に吸引して保存すべきではない。

剤形



薬物は経口または筋注で投与されます。

投与量



0.25~0.50mg/kg、筋注、24時間ごと、2~3日間。

副作用



※眼圧を上昇させ、緑内障を発症しやすくする

※低血圧

※腎臓と肝臓の損傷

薬物相互作用



●クロラムフェニコール
ジアゼパムはクロラムフェニコールと併用すると代謝が低下することがある。


●クロロキン
クロロキンと併用するとジアゼパムの血清中濃度が上昇することがあります。


●クロルプロマジン
クロルプロマジンと併用するとジアゼパムの血清中濃度が上昇することがある。


●クロトリマゾール
クロトリマゾールと併用するとジアゼパムの代謝が低下することがある。


●デキサメタゾン
デキサメタゾンと併用するとジアゼパムの血清中濃度が低下することがある。


●イベルメクチン
ジアゼパムの血清濃度は、イベルメクチンと組み合わせると増加することができます。


●ケトコナゾール
ケトコナゾールと併用するとジアゼパムの代謝が低下することがある。


●硫酸マグネシウム
硫酸マグネシウムは、ジアゼパムの中枢神経系抑制作用(中枢神経抑制作用)を増強する可能性があります。

スポンサーリンク
広告336×280