ぺっとくすり

乳房炎 ~ 診断・乳房の触診・ミルクの検査(肉眼的検査・pHについて)


乳房炎の診断(diagnosis)



乳房炎の診断には、稟告の聴取、全身状態および合併症の観察、乳房およびミルクの検査のほか、牛舎の構造、設備、飼料、衛生管理についても十分顧慮することが必要です。


これらのうち、乳房の触診、ミルクの検査および病原菌の培養は、診断の基本となる。

乳房の触診



触診は乳房炎の発見に効果のある検査法です。


搾乳前の触診は左右、前後の分房を比較するのに便利であり、また搾乳後の触診は線維増殖、瘢痕組織などの発見に役立つ。


掌に左右の分房をのせて、熱感、冷感、疼痛の有無を調べ、また大きさ、重さを比較すれば、腫脹や浮腫の状況が明らかになります。


さらに深部にある固い結節や組織塊を触知する。


次に乳頭を引っ張りながら、乳管洞周囲の組織の厚さと硬さを検査して線維増殖、瘢痕形成の状態を見、また乳頭部の閉塞の有無を調べる。


乳頭端の損傷、びらん、乳頭管口の緊張度を観察します。

ミルクの検査



肉眼的検査:


黒い板または黒布の上に搾乳して、色、透明度、粘稠度、絮状物(ブツ)や膿の混在について観察する。


この方法はストリップカップstrip cup法または黒布法といい、慢性乳房炎の早期発見と治療効果の判定に役立つので、搾乳の度ごとに毎回実施するのがよいとされています。


ミルクは、分房別に、最初の数搾りを捨てたあとの前乳を用いる。


この方法は異常乳の発見に役立つばかりでなく、前乳のうち細菌数の多い部分を捨てることによって、ミルク中の菌数の低下および感染予防に役立ち、またミルクの下降let-downおよび排出ejectionを刺激して、乳の出をよくする効果もあります。


pHについて:


ミルクのpHにはBCP液またはBTB液が用いられる。


アルカリ性の液と合わせると緑色に変わるBTBは、BCPの紫色よりも判別しやすい。pH検査用試験紙に滴下して測定することもある。


pHメーターの搾乳現場での使用は実際的ではない。


小試験管に新鮮な前乳5mlをとり、これにpH検査用BTB液1mlを混和する方法が比較的実用的です。


正常なミルクのpHは6.5~6.8の範囲にあります。初乳はやや酸性度が強く(6.4またはそれ以下)、泌乳中期には6.6~6.7で、泌乳末期になると6.8またはそれ以上を示します。


乳房炎の場合には、乳糖の生成が低下し、一方血液からアルカリ性塩が移行するため、ミルクはアルカリ度が強くなる。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280