子馬の発育期整形外科疾患(Developmental Orthopedic Disease) ~ 成長期の骨や腱などにみられる病気



子馬の発育期整形外科疾患(DOD)とは、成長期の若い馬が罹患する骨格の異常な成長状態を総じてこのように呼んでいます。


DODは、将来の関節疾患の主な原因のひとつであり、馬の価値や将来のキャリアを危うくする可能性があります。DODには以下のような症状があります。


●骨軟骨症(OC)

骨軟骨症とは、軟骨内骨化 (軟骨細胞が硬い骨細胞に変化する過程) の異常を総称したものです。ウマでは、あらゆる関節面または軟骨下骨 (離断性骨軟骨炎 (OCD) と呼ばれる) 、関節面の深部 (軟骨下骨嚢胞と呼ばれる) 、長管骨および椎骨の骨 (成長板) に発生する可能性があります。


OCは足根関節(飛節)、関節包および球節関節で最もよくみられます。まれに肩甲上腕関節、肘関節、股関節も侵されます。


●骨端炎

骨端炎は、成長板の炎症であり、軟骨細胞の成熟障害により骨幹端の骨の構造的完全性が損なわれます。


最も侵される部位には、遠位 (下位) の中手骨または中足骨 (大砲の骨) 、橈骨遠位端 (膝のすぐ上の部位) 、脛骨遠位部 (下位) などがあります。


●屈曲性肢変形症

屈曲肢変形は、拘縮した腱やバレリーナ症候群としても知られており、矢状面肢軸逸脱を生じる疾患であり、子馬の関節部位(通常は前肢)の過屈曲または過伸展のいずれかになります。


FLDには先天性のものと後天性のものがあります。


●肢軸異常

肢軸異常は、矢状面における四肢のあらゆる偏位が含まれます。


それは以下の欠陥によって誘発される成長不均衡と関連していると考えられています。悪い立体配座、手根骨または足根骨における骨の軟骨内骨化の不規則性、非同期的な縦方向の成長速度、外傷、関節弛緩および過度の運動等です。


●足根骨崩壊

足根骨の崩壊は、立方骨奇形、立方骨の不完全な骨化、立方疾患および足根骨壊死としても知られ、足根骨の屈曲変形を生じる中央および第3足根骨の背側面の崩壊と関連しています。


●頚椎狭窄性脊髄症

頸椎奇形は、ウォブラーとしても知られており、脊髄の奇形や圧迫が特徴で、罹患馬の痙縮や運動失調および協調運動障害を引き起こします。


DODを構成するすべての条件は、多数の異なる要因の結果であると考えられますが、重要な要素は次のとおりです。


※急激な成長

※関節および成長軟骨に対する生体力学的ストレスまたは外傷

※食餌の不均衡

※遺伝的素因

※ホルモン要因(例:高インスリン血症)


DODを持つ馬では、通常、生後2年目から臨床症状が顕著に現れ始めます。


特定のDOD疾患のみが外部の臨床症状を示すことがあります。例えば、四肢の変形では、最も頻繁に関節の熱感、長時間の臥床、硬直、活動性の低下(運動や遊びをしないことに関連する)、跛行、成長板の肥大などが見られます。


その他のDOD疾患のほとんどは、馬に明らかな症状が現れません。

症状



●跛行

●痛み

●運動能力の低下

●四肢の角度に目に見えるずれがある

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●X線写真

治療



※主な原因の治療

※支持療法

予防



※成長期の若い馬に特化した飼料を選ぶ。

※飼料をたくさん用意する。

※馬の体重に注意します。

※特に生後2ヶ月以前は、子馬用の牧草地の広さを制限する。

※仔馬に毎日自由な運動をさせる。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280