ガチョウパルボウイルス感染症 ~ パルボウイルスによって引き起こされる極めて伝染性の高い疾患



ガチョウパルボウイルス感染症は、ノバリケンのパルボウイルスとも呼ばれ、一種のパルボウイルスによって引き起こされる極めて伝染性の高い疾患です。この疾患は急性型、亜急性型、慢性型があります。臨床徴候は疾患の形態によって異なります。

伝播



ガチョウパルボウイルス感染症は、垂直(繁殖管から卵へ)および水平 (感染した鳥との直接接触または感染した鳥の糞の環境汚染を介した間接接触から) に広がります。


この病気の回復鳥や、生後4週間を過ぎてから最初に感染したひなは、ウイルスの持続的なキャリアになることがよくあります。

症状



●食欲不振

●不活発

●口渇の増加

●衰弱

●動きたがらない

●眼または鼻汁

●首振り

●まぶたの腫れ

●白色下痢

●腹部の腫大

●ペンギンのような姿勢

●成長の鈍化

●皮膚の発赤

●2~5日で死亡

治療・サポート



●支持療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280