ニワトリカイセンダニ ~ 罹患した鳥は自らを激しく咬み、自らの羽を引き抜くことがあります



ニワトリの脚や足の鱗の下に穴を掘るヒゼンダニではなく、羽毛の軸の基部の皮膚に穴を掘るダニ(knemidocoptes gallinae)です。


これは鶏に激しい刺激と痛みを引き起こします。罹患した鳥は自らを激しく咬み、自らの羽を引き抜くことがあります。ダニの流行は春と夏に多くみられます。

臨床兆候



●羽毛の喪失

●ダメージのある羽毛

●頻繁な引っかき傷

●落ち着きがない

●季節外れの換羽

●くちばしで整える動作が増える

治療



鶏に珪藻土を入れた土浴び場を作る


●イベルメクチン


鶏の体にポアオンを数滴垂らす(羽の下の皮膚)。


●ピレトリン


鶏体に振りかける、薬剤に浸ける、スプレーする。


●合成ピレスロイド


鶏体に振りかける、薬剤に浸ける、スプレーする。

予防



鶏に珪藻土を入れた土浴び場を作る

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280