カビに汚染された飼料の摂取によって引き起こされるデオキシニバレノールマイコトキシン症



デオキシニバレノール(DON)マイコトキシン症は、世界中の動物飼料業界で頻繁に発生するDON汚染家禽飼料の摂取によって引き起こされます。 問題の1つは、家禽が他の動物種と比較してDON毒性に対して高い耐性を持っていると考えられているため、飼料メーカーが汚染された穀物を家禽飼料に直接混入することが多いことです。


ボミトキシンとしても知られるDONは、 フザリウム、ミロセシウム 、 セファロスポリウム、バーティシモノスポリウム、スタキボトリなどのいくつかの真菌種によって産生されるトリコテセンマイコトキシンです。


小麦と大麦は、DONが最も一般的に影響を受ける穀物製品で、圃場でのDONの成長に最適な温度は70〜85°F(21.1〜29.4°C)で、水分レベルは20%を超えます。


DONへの経口曝露は、鶏の腸の構造と機能を変化させます。ニワトリの消化管と免疫細胞は、DONに非常に敏感で、細胞内にDONが存在すると、活性酸素種の産生が増加し、血液リンパ球の酸化的損傷とDNA損傷につながります。


これにより、鳥の健康および免疫機能が損なわれ、壊死性腸炎を発症しやすくするなど、病気に対する感受性が高まり、コクシジウム症の重症度が高まります。

臨床兆候



●糞便中の未消化飼料

●飼料拒否

●成長の鈍化

●下痢

●体重減少

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な、暖かい場所に置き、新鮮な水と食べ物を与えます。

予防



質の高い飼料を購入する


カビの生えた飼料、長期間保管された飼料、不適切に保管された飼料をニワトリに与えてはいけません(直射日光や雨にさらされた飼料等)


昆虫に寄生された穀物を鳥に与えてはいけません。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280