デフェリプロン(Deferiprone) ~ 経口鉄キレート剤、体内の余分な鉄分を取り除くために使われます



デフェリプロン(商標名フェリプロキス)は経口鉄キレート剤です。体内の余分な鉄分を取り除くために使われます。

剤形



溶液、錠剤

投与量



※ニワトリおよびハト


50~70mg/kgを12~24時間毎に経口投与。

副作用



※体重増加

※血清亜鉛濃度の低下

※ニワトリの30%の死亡率。

薬物相互作用



●アセトアミノフェン
アセトアミノフェンはデフェリプロンの排泄速度を低下させるため、血清中濃度が上昇する可能性があります。


●アセチルサリチル酸
アセチルサリチル酸はデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●アロプリノール
アロプリノールはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●アミカシン
アミカシンはデフェリプロンの排泄速度を低下させる可能性があり、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●アモキシシリン
アモキシシリンはデフェリプロンの排泄速度を低下させる可能性があり、血清中濃度が上昇する可能性があります。


●アムホテリシンB
アムホテリシンBはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●アンピシリン
アンピシリンはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●カルシウム
デフェリプロンはカルシウムと併用すると血清中濃度を低下させることがあります。


●カルプロフェン
カルプロフェンはデフェリプロンの排泄速度を低下させる可能性があり、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●セファドロキシル
セファドロキシルはデフェリプロンの排泄率を低下させる可能性があり、その結果、血清レベルが高くなる可能性があります。


●セファロリジン
セファロリジンはデフェリプロンの排泄率を低下させる可能性があり、その結果、血清レベルが高くなる可能性があります。


●セファロチン
セファロチンはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●セファピリン
セファピリンはデフェリプロンの排泄率を低下させる可能性があり、その結果、血清レベルが高くなる可能性があります。


●セファトリジン
セファトリジンはデフェリプロンの排泄速度を低下させることがあり、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●セファゾリン
セファゾリンはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●シメチジン
シメチジンはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●シスプラチン
デフェリプロンはシスプラチンの排泄率を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●コルヒチン
コルヒチンはデフェリプロンの排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●チョウジ油(Clove oil)
デフェリプロンはチョウジ油の排泄速度を低下させ、血清中濃度を上昇させる可能性があります。


●ドキシサイクリン
ドキシサイクリンはデフェリプロンの排泄速度を低下させる可能性があり、血清中濃度が上昇する可能性があります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280