深指屈筋腱(Deep Digital Flexor Tendon (DDFT) Injury) ~ 競走馬によく見られる腱損傷の一種



深指屈筋腱(DDFT)損傷は、競走馬によく見られる腱損傷の一種です。


馬のDDFTは、球節の関節を支え、運動時にエネルギーを蓄えるバネの役割を果たし、体重が完全にかかった状態で脚を安定させます。


DDFTは、馬の前肢と後肢にあります。前肢では、上腕骨、尺骨、橈骨の3つの異なる場所から発生し、馬の脚の後ろに沿って、膝の後ろの手根管を通り、球節の後ろの腱鞘を通っています。


この地点で幅が広がり、平らになって舟状骨を越え、足の中に降りてきて、蹄骨の後ろに付着し、浅指屈筋腱(SDFT)の中を通って、すぐに提靱帯の上に出てきます。


馬の後肢では、DDFTは脛骨の2つの異なる場所から始まり、そこから下に向かって走り、蹄骨の中に入ります。


DDFT損傷は、病変の位置と外観に応じて説明され、超音波、MRI、腱鏡検査を使用して初めて診断することができます。


通常、DDFT損傷は、拡大、局所的なコア病変、石灰化、形状変化、および辺縁断裂として、腱の本体または境界部分に見られます。馬のDDFT損傷が最も頻繁に起こる場所は、後肢の腱鞘または蹄底面内です。


DDFTの特定の部位の損傷は、馬の主な競技活動と相関していることが多いです。例えば、前肢のDDFT損傷は、エンデュランス系、ポロ系、バレルレース系の馬では、前脚部に多く見られます。


また、中年の競技馬では、前肢と後肢の足部にDDFT損傷が多く見られます。

症状



●軽度から中等度、断続的または一過性の跛行

●お辞儀をした外観

●腫れ (浮腫)

●熱感

治療



※長時間の馬房による休息と管理された運動プログラム

※水泳療法

※冷水温泉療法

※コルチコステロイドおよびヒアルロン酸ナトリウムの滑膜内投与

※体外衝撃波療法(ESWT)

※超音波治療

※低レベルレーザー療法

※多血小板血漿(PRP)

※幹細胞治療

予防



※急にではなく、徐々にワークロードを増やしていくこと。

※つま先が長くかかとの低い形状にならないように定期的に装蹄する

※代償性腱の過負荷を予防するための他の跛行の早期発見と治療

予後



●予後は、損傷の重症度、足の他の部位への同時損傷の有無、運動の種類、馬主が獣医師の推奨する治療法にどれだけ従うかによって異なります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280