D-ペニシラミン(D-penicillamine) ~ 鳥の重金属中毒を治療するために時々使用されるキレート剤の一種



D-ペニシラミン(クプリミン:Cuprimine、デペン:Depen、ジスタミン:Distamine)は、鳥の重金属中毒を治療するために時々使用されるキレート剤の一種です。

投与量



30~55mg/kg経口、1日2回、7~14日間。

薬物相互作用



鉄:鉄はペニシラミンの吸収を低下させ、その結果、血清中濃度が低下し、効力が低下する可能性があります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280