嚢胞性卵巣疾患(Cystic Ovary Disease) ~ 乳牛の卵巣に最もよく見られる病気



嚢胞性卵巣疾患(COD)は、乳牛の卵巣に最もよく見られる病気です。


嚢胞性卵巣疾患は、卵胞嚢胞と黄体嚢胞の2つの異なる形態で現れます。卵胞嚢胞は柔らかく、直腸を触診すると簡単に破裂する可能性があります。


また、黄体嚢胞は厚みがあり、触診するとゴムのような感触があります。

症状



●外陰部に筋緊張がほとんどない

●乳量の急激な変化

●尾根部の隆起

治療



※GnRHによるホルモン療法

※LH型ホルモン療法

※黄体退行量のPGF2α

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280