シアン化物中毒 ~ 鶏にさくらんぼ、杏子(アンズ)、桃、リンゴ、梨の種は与えないでください



シアン化物は、急速に作用する致死性の高い化学物質で、鶏に強い毒性を示します。シアン化物中毒は、火災による煙への暴露や、シアン化物またはシアン化グリコシドを含む一般的な食品、植物、製品の摂取によって起こります。


シアン化物は体の細胞が酸素を消費するのを防ぎます。これが起こると、細胞は死に至ります。シアン化物はほぼ瞬時に作用し、数秒から数分以内に死に至ることがあります。


シアン化物はチトクロームオキシダーゼの鉄と結合し、末端電子伝達を防ぎ、細胞呼吸をブロックし、オキシヘモグロビンは酸素を放出できません。


血液は高度に酸素化されているため、特徴的な鮮紅色ですが、組織への酸素の供給は不十分であり、鳥は深刻な低酸素状態になります。


多くの植物がシアン配糖体を蓄積します。これらの植物に含まれるシアン化物の量には大きなばらつきがありますが、開花期の春に最も多くなります。乾燥および乾燥した生育条件は、これらの植物の多くにおいてシアン配糖体の蓄積を促進します。

シアン配糖体を含有する植物および食品



※高濃度のシアン化物を生産できる植物には以下のものがあります。


●トヨン(Toyon):カリフォルニアカナメモチ

●モモ

●西洋ニワトコ(エルダーベリー)

●オダマキ属

●スーダングラス

●シバナ

●セイバンモロコシ

●シロツメクサ

●アーモンド

●アンズ

●サクラ

シアン中毒の徴候



シアン化物中毒で死亡した鶏は鮮紅色の酸素化した血液で、体の組織は通常血液で充血しています。家禽の経口LD50は11.1mg/kg体重と報告されています。鶏は通常、毒性物質を摂取してから15~30分以内に死亡します。

ニワトリにおけるシアン中毒の治療



シアン中毒は特定の解毒剤と支持療法で治療します。効果的であるためには、細胞損傷が生じる前に、曝露から数分以内に解毒剤を投与しなければなりません。


治療はアミルまたは硝酸ナトリウムの静脈内投与です。これらの物質はヘモグロビンと結合してメトヘモグロビンを生成し、メトヘモグロビンはシアン化物に強い親和性をもつ。


次にチオ硫酸ナトリウムを投与してメトヘモグロビンからシアン化物を除去し、チオシアン酸塩を生成します。非結合シアン化物と結合してシアノコバラミンを生成するヒドロキシコバラミン(ビタミンB12)も使用できます。

臨床兆候



●呼吸困難

●青紫色の鶏冠

●急死

治療



●硝酸ナトリウム


静注により速やかに投与し、続いてチオ硫酸ナトリウム静注により投与する。


●ヒドロキソコバラミン(ビタミンB12)


使用可能であり、急速静注も可能です。

予防



●さくらんぼ、杏子(アンズ)、桃、リンゴ、梨の種は与えないでください。

●鶏にアーモンドを与えないでください。

●シアン化物を蓄積することで知られている植物を鶏に食べさせないでください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280