皮膚ムチン沈着症 ~ 産卵鶏の特定の系統で発生する皮膚疾患



皮膚ムチン沈着症は、産卵鶏の特定の系統で発生する皮膚疾患です。罹患したニワトリの内部皮膚層に沿って過剰量のヒアルロン酸(HA)(以前は「ムチン」と呼ばれていました)の発達を特徴とします。


皮膚ムチン沈着症は、これまでヒト、イヌ(特に中国のシャー・ペイ犬種)、およびネコでのみ報告されています。水疱型のこの症候群では、感染した鶏の脚、脛、足の皮膚に、小さくて半透明で水疱のような泡(小胞と呼ばれます)が現れます。


この小胞は壊れやすく、破れやすく、ヒアルロン酸という粘着性の物質が漏出しやすいです。この弱い皮膚により、感染した鶏は細菌性皮膚感染症にかかりやすくなります。

臨床兆候



●頭部、頸部、竜骨、大腿部の脱毛

●かさかさの乾燥肌

●体重減少

●産卵低下

●皮膚がわずかに緑色がかっている場合があります。

●飼料消費の減少

治療



治療の報告はありません。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280