コマツナギの毒性(Indigofera toxicity) ~ 毒素への慢性的かつ累積的な曝露に起因する馬の神経系疾患



コマツナギの毒性は、特定のコマツナギ属の種に存在するインドスピシン(indospicine)または、3-ニトロプロピオン酸(3-NPA)毒素への慢性的かつ累積的な曝露に起因する馬の神経系疾患です。


コマツナギ属は、世界中の熱帯および亜熱帯地域で見られる750種以上の鮮やかな色の顕花植物です。インドスピシン(L-6-アミジノ-2-アミノヘキサン酸)は、コマツナギ属の30種以上の種に含まれる非タンパク質新生アミノ酸です。


アルギニンはタンパク質だけでなく、一酸化窒素、尿素、ポリアミン、プロリン、グルタメート、クレアチン、アグマチンの合成の前駆体であるため、インドスピシンは馬のアルギニン代謝経路を阻害する可能性があります。


インドスピシンは、コマツナギ種を継続して摂取するとにより、馬の組織に蓄積することがわかっており、累積的な性質を示しています。


さらに、一部のコマツナギ属の種には、馬が植物を摂取したことによる神経症候群の原因であると考えられている神経毒である3-NPAが含まれています。


特定の地域で散発的に発生した馬の中毒事例は、インドスピシンを多量(500mg/kg DM以上)に含むコマツナギの種が原因です。植物中のインドスピシン濃度は、成長段階の影響を受け、種子に最も多く含まれています。


ブラジル北部では、I.lespedezioides(Indigofera lespedezioides)が乾季の終わりに最も一般的に起こる馬の中毒症例の原因です。


I.lespedezioidesはアメリカ大陸に分布し、メキシコおよび南米が原産です。罹患馬は食欲不振、嗜眠、重度の運動失調、衰弱、よろめき、眼脂、失明、繁殖牝馬の流産および進行性の体重減少などの症状が見られます。


馬が後肢を引きずっているのがしばしば見られ、また、蹄のつま先が過度に摩耗するのが見られます。臨床徴候の最初の発症から2~4ヵ月後に死亡します。


米国南東部では、フロリダの一部で、アフリカコマツナギのI.hendecaphyllaとI.spicataを摂取したことにより、1970年代から馬の中毒が発生しています。


I.hendecaphyllaは、アフリカ、コモロ、マガガスカル、レユニオン、アジアからパプアニューギニア、オーストラリアの地域に自生していますが、フロリダ、フランス領ポリネシア、オーストラリアに移入され、一部では帰化して侵入雑草と見なされています。


I.spicataはアフリカ、マダガスカル、モーリシャス、イエメンが原産ですが、オーストラリア、ハワイ諸島、日本、ニューカレドニア、ミクロネシア、クック諸島に移入されました。


オーストラリアでは、I.linnaeiとI.spicataを摂取した馬に中毒症例が発生し、バーズビル病(birdsville disease)と呼ばれる神経症状を発症しました。


I.linnaeiは、オーストラリア、インド、インドシナ、マレシア、メラネシア、ニューギニアが原産です。

症状



●食欲不振

●嗜眠

●進行性の協調運動障害

●筋力低下

●つまずきやすい

●後肢を引きずる

●進行性の体重減少

●雌馬の流産

診断



●病歴

●臨床徴候

●身体診察

●臨床検査

治療



※支持療法

※クレアチン(Creatine)

3-NPA毒素の作用に対してある程度の防御効果があることが示されている。

※ゼラチン(Gelatine)

予防



※creeping indigoが発生しているパドックでの馬の放牧を避ける

※大規模な蔓延を抑制するために除草剤を使用する。

スポンサーリンク
336×280