コヨティロ中毒(Coyotillo poisoning) ~ 完熟した果実と種子は特に毒性が強い



ヤギにおけるコヨティロ中毒は、動物や人に毒性のあるコヨティロ(全草有毒、完熟した果実と種子は特に毒性が強い):クロウメモドキ科(カルウィンスキア・フムボルトティアナ:Karwinskia humboldtiana)を摂取することで引き起こされます。


中毒のほとんどのケースは、植物が果実で豊富な冬に発生します。


ヤギの体重の0.3%というわずかな果実の摂取は致死的です。テキサスの牧場では、コヨティロ中毒による1,000頭以上のヤギの死亡が報告されています。


この植物には、ヤギの神経系に影響を与えるポリフェノール化合物が含まれています。

症状



●過屈曲を伴う高踏ん張り歩行

●触覚・音に対する過敏性

●振戦

●前方にかがむような姿勢

●歩行障害

●衰弱

●つまずき

●横臥

治療



管理:コヨティロで汚染された牧草地にヤギを立ち入らせない。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280