銅中毒(Copper Poisoning) ~ 牛に対して肝毒性および腎毒性を示し牛群の死亡率を高める可能性があります



銅の過剰摂取は、牛に対して肝毒性および腎毒性を示し、牛群の死亡率を高める可能性があります。銅中毒は急性型と慢性型があり、臨床徴候が異なります。


慢性銅中毒は肝臓と腎臓に損傷を与え、最終的には肝不全や腎不全に至ります。これは、飼料中に吸収される銅の量が栄養所要量を超え、さらに多くの銅を排泄する能力を超えた場合に起こります。


銅濃度は一定期間にわたって牛の肝臓に蓄積し、飽和状態に達すると破裂して高濃度の銅を血流に分配します。


慢性例は他のミネラル(すなわち、モリブデンの食餌摂取量が少ないと、牛の胃腸系による銅の取り込みが増加し、銅中毒を引き起こします。これはモリブデン濃度が低下していれば、銅濃度が正常であっても起こりうる)の不均衡によって引き起こされることがあります。


銅の慢性的な消費は、非特異的な臨床徴候をもたらし、しばしば診断を困難にします。

症状



●食欲減退

●頻繁に横たわる

●脱水

●体重減少

●乳生産量の減少

●黄疸(黄色っぽい色の粘液)

●状態が悪い被毛

●下痢

治療



※支持療法

予防



※牛がバランスのとれた飼料を摂取していることを確認します。

予後



※予後は臓器の損傷の程度によって異なります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280